押原日記

積み木の町を作ってみよう!(赤組/3歳児)

2021.10.4
赤組(3歳児)

コーナー遊びでソフト積み木や大きなレゴブロックを組み立て

 

 

家やジャンプ台や虫を作って遊ぶ姿があったので、積み木コーナーを作りました。

 

 

すると…。

 

 

積み木を壁や椅子、ベットや道に見立てて遊ぶ子が出てきました!

 

 

 

 

赤1

 

 

 

 

 

赤2

 

 

 

保育教諭も「面白そう!」と一緒に作っていると

 

 

何人か興味を持った子が集まりお家作りが広がりました。

 

 

子ども達が集まるとイメージが広がります。

 

 

お家の周りに動物園が出来たり、船がある海が出来たり…

 

 

積み木コーナーが賑やかになっていきました。

 

 

 

 

 

赤4

 

 

 

 

赤5

 

 

 

 

子ども達が楽しんでいる事を皆で共有したいと思い

 

 

皆で「赤組の町を作ろう!」と提案すると

 

 

「どうやるんだろう」とキョトン顔…

 

 

しかし形や大きさ、色の違う積み木を用意すると自然と体が動きます。

 

 

積み木を見ながらイメージを広げて、それそれが思う町の物を作り始め

 

 

1人で作る子、友達と一緒に作る子と様々です。

 

 

 

 

赤3

 

 

 

「道でつなげよう!」保育教諭が声を掛けると

 

 

「〇〇ちゃんの所に繋がった!」

 

 

「今度はあっち!」

 

 

道路に線路に鉄橋!みるみる作り上げ

 

 

とーっても素敵な町が完成しました!

 

 

 

 

赤6

 

 

 

部屋を真っ暗にして懐中電灯で町を照らすと…

 

 

「わぁ~」思わず声が出るほど素敵なお友達の作品が浮かび上がりました。

 

 

 

赤8

 

 

 

 

 

赤7

 

 

 

 

「誰が何を作ったの?」

 

 

「これはお家!下にパパとママ、上が僕!」

 

 

「図書館で、下でお買い物もできるよ!」

 

 

皆しっかりイメージを持って作っていて、自分の言葉で説明してくれました。

 

 

最後は「せーの」で町を壊し、「カラカラ」「コンコン」

 

 

崩れる音も楽しんで活動を終えました。

 

 

その日の夕方…

 

 

積み木コーナーで第二弾の町づくりが始まっていました。

 

 

 

 

赤9

 

 

 

 

 

赤10

 

 

 

 

次はもっと積み木の種類を増やそうかな?

 

 

作った町でどうやって遊ぼうかな?楽しい続きを考え中です。

ページのトップへ戻る TOP