押原日記

2020.12.16
赤組(3歳児)

前日の準備をしている時から

 

お部屋が気になっていた赤組さん。

 

お友達とあそぼうデーで何をしたいか会話が弾みます。

 

それぞれの行きたい場所を口々に言い合い

 

楽しみにしている様子がわかります。

 

当日は、最高潮に・・・!

 

「ずっと、お買い物をしている子」

 

「恐竜王国から抜け出せない子」

 

赤組さんになるとお友達を誘う姿も見られます。

 

お友達と一緒にお買い物ができることも楽しいと感じるようです。

 

ライブ会場では、青組さんのライブショーを見て

 

マイクを持ちたくなった子が積極的にステージに立って大熱唱していました。

 

 

 

赤1

 

 

 

赤2

 

 

赤3

 

 

 

赤組の「あそぼうデー」は、その後も続き

 

「青組さんみたいにお店の人になりたい。」と

 

ホールにお店を並べて

 

 

赤5

 

 

 

赤4

 

 

「いらっしゃいませ~」

 

 

 

赤6

 

 

「ありがとうございました。」と

 

楽しそうに続いています。

 

 

 

2020.12.15
青組(5歳児)

クリスマスまでのカウントダウンが始まりました!!

 

子どもたちから「ハロウィンの時みたいにお部屋をクリスマスの飾りで飾りたい!」

 

との声が上がり、その日から早速準備が始まりました。

 

 

青1

 

 

 

青3

 

 

 

青2

 

 

毎日少しづつ子どもたちの思う飾りが出来上がっていきます。

 

と同時にそれに得意な子の飾りを参考にする子も出てきました。

 

蛇腹折りを2つ重ねて開くと丸い形の蛇腹に変身させると

 

 

青4

 

「すごい!」とお友達を称賛し

 

「教えて!」と仲間との共同も生まれています。

 

お部屋のあちこちに張り付けますが

 

 

青5

 

「ツリーにしよう!」のアイデアから

 

蛇腹のツリーも完成しました。

 

 

青7

 

 

 

 

青6

 

 

お部屋の飾りに満足して

 

「これでサンタさん来てくれるよね。」と。

 

クリスマス会を楽しみにしている子どもたちです。    

 

2020.12.14
もも組(2歳児)

 「あそぼうデー」に行ってきました!

 

お部屋が「ゲームコーナー」 「恐竜王国」

 

お腹がすいたら、「ラーメン屋」

 

「甘いお菓子の駄菓子屋さん」

 

いつもと違うお部屋の様子に

 

「うぁ~楽しみ」とワクワクがとまりません。

 

いざ!それぞれ好きなコーナーへ

 

本物そっくりのラーメンや駄菓子を前に

 

「これどーやって食べるの?」とか「ラーメン下さい。」と

 

自分で注文もできました。

 

やさしい青組さんや

 

黄組のお兄さん、お姉さんが丁寧に説明してくれました。

 

 

【恐竜王国大冒険】

桃1

 

桃2

 

 

遊んだ後は…

 

桃3

 

桃4

「う~美味しい!星3っつ☆☆☆」

 

 

桃5

 

桃6

 

 

 

桃7

 

 

トトロの森の「押原ライブショー♪」では

 

大人気「鬼滅の曲」を興味深々に聞いている子どもたち。

 

 

桃8

 

 

飛び入りOKに、なんと!舞台に上がった数人のこどもたち。

 

 

 

桃9

 

最後まで歌うことができました♪

 

 

 

 

 

2020.12.14
白ひよこ組(0歳児)

今日は大きな画用紙にシールをペタペタ…

 

こどもたちは、シール剝がしに没頭してます。

 

台紙から我がしては「ペタ!」剝がしては「ペタ!」

 

指先も大分使えるようになり

 

可愛い手で器用に剝がします。

 

 

ひよこ6

 

 

 

ひよこ5

 

 

 

ひよこ1

 

 

 

一面いっぱいに貼ったこの大きな画用紙は…

 

 

 

ひよこ3

 

 

もみの木の形に切り抜いて…

 

お家の方と一緒に作った

 

サンタさんへの願い事が書かれた

 

サンタブーツ飾ったら…

 

ひよこツリーの完成です♡

 

 

ひよこ4

2020.12.3
白りす組(1歳児)

お部屋でしている「おままごとごっこ」が

 

今日はお外で秋バージョンへ変わっていました。

 

自然環境を遊びに変化させる

 

子どもの想像力はびっくりさせられます。

 

 

りす1

 

 

 

りす2

 

 

小さな仲間の関係がすでに始まっています。

 

お姉さんの指示がないと勝手に食べられません。

 

「早くたべたいなぁ~」

 

「早く言ってよ。」

 

そんな心の声が聞こえてきます。

 

 

 

りす3

ページのトップへ戻る TOP