押原日記

2021.1.18
白ひよこ組(0歳児)

雪が降った先週の火曜日。

 

初めはお部屋や廊下の窓から

 

その様子を眺めているだけでしたが・・・

 

降り積もり、真っ白く変わっていく外の景色に

 

目を丸くしながら興味津々の子ども達。

 

そんな姿に心動かされ、迷わずお庭へ飛び出しました!!

 

 

 

ひよこ2

 

 

 

ひよこ1

 

 

 

 

空から舞ってくる雪を見て

 

「これ、なんだろう??」と

 

不思議そうにしながらも目をキラキラ輝かせていた子ども達。

 

 

 

ひよこ6

 

 

ひよこ5

 

  

 

ひよこ3

 

 

ひよこ4

 

 

雪の上を歩いたり、触ってみたり・・・

 

自分達で触れて、感じて、体験することで

 

好奇心や探求心が育つ貴重な時間です。

 

冬ならではの自然の変化を肌で感じることができた1日でした♡♡

2021.1.14
青組(5歳児)

9月から青組に仲間入りしたカブトムシの幼虫10匹。

 

その後も土が乾かないよう

 

お当番のお友達がチェックをし

 

霧吹きで土を湿らせみんなで観察をしていきました。

 

 

青5

 

 

昨年末

 

「お正月の間、カブト虫はどうするの?」と

 

子どもから心配の声が上がり

 

「夏のお休みの時みたいにお家でお世話できる子をさがそう」

 

との提案もあり、さっそくクラスで話し合いをひらきました。

 

「お世話をしたい人が持って帰ればいい。」

 

「遠くへ出かける人はお世話ができないんじゃない?」

 

などたくさんの意見が出されました。

 

そんな中「お世話をやりたい!!」と手を挙げてくれた2人のお友達。

 

今回は、そのお友達に冬休みのお世話をお願いすることになりました。

 

お家でも毎日しっかり土を湿らせてお世話をしてくれましたが

 

年明けの登園後…

 

「土の中が見えないから、元気なのかな…」と

 

お世話してくれたお友達が不安そうだったので

 

「土を替えるから様子を見てみる?」と聞くと

 

クラスの子ども達も「みてみたい!!」と・・・

 

土を替えてあげると‼

 

 

 

青8

 

 

 

青1

 

 

 

 

青7JPG

 

 

中から元気な幼虫たちがあらわれ

 

「よかった!元気だね。」

 

「早くさなぎにならないかな~」など

 

安心と期待の声がたくさん聞かれました。

 

 

 

青3

 

 

 

青2

 

 

卒園まであと3カ月。

 

夏には元気なカブト虫に会えるよう

 

クラスで協力しながらお世話をしていきたいと思ってます。

 

 

青6

 

 

 

 

 

2021.1.14
白りす組(1歳児)

雪が降った次の日…

 

お庭に遊びに行くと前日降った雪がまだ残っていました。

 

雪のところに一目散に走って行くと、雪を手に持って嬉しそう!

 

 

桃4

 

「ゆきだね。」

 

「つめたい!」

 

「お水みたい!」

 

 

桃2

 

 

と言って手の上にのせてジーッと観察。

 

 

 

桃3

 

 

 

雪の上を歩いて感触を楽しんでいるかと思いきや…

 

わざと転んでみたりと

 

思い思いに季節の変化の楽しさを味わいました。

 

 

 

桃1

 

2021.1.13
黄組(4歳児)

「雪が降ってきた!」

 

天気予報通り・・。

 

突然の雪に大興奮の子どもたち。

 

「外行きたい!」と大興奮!

 

上着を片手に走り出しました。

 

「つめたい!」

 

「フワフワだぁ!」

 

思い思いの感想を興奮して話してくれます。

 

 

 

黄1

 

 

 

 

黄3

 

 

 

中には「これ粉雪って言うんだよ。」と教えてくれた子に

 

「素敵な言葉よく知ってるね。」と言うと

 

「だって、アナ雪2でオラフが言ってたもん。!」と教えてくれました。

 

 

その後、積もった雪で「雪だるま」を作ったり

 

 

 

黄2

 

 

「雪合戦」をして寒さも忘れ夢中で遊んでいました!

 

 

 

黄4

 

ページのトップへ戻る TOP