押原日記

2021.4.12
黄組(4歳児)

進級して一週間。

 

新しい生活にも何の戸惑いもなく慣れてきました。

 

クラスのチームも新しくなり、チーム名も新しいものに変えます。

 

「チームの名前何がいいかな?」

 

子どもたちは、「うさぎ」 「電車」 と自分の好きな物の名前が出てきます。

 

 

 

き2

 

 

「みんなの意見がたくさん出て迷うな~。決められないね。」と言うと

 

「黄組になったから、黄色いものにするのはどう・・・?」と意見を出した子がいました。

 

すると、どういう訳か

 

「いいね!」

 

「うん、そうしよう。」とみんな納得!

 

まず初めに「園にある黄色い色探し」が始まりました。

 

 

 

き5

 

 

なんと!35個‼

 

「すごいね。たくさんある!」

 

そして、想像通り誰かが言うだろうな・・・。

 

と思っていたらやはり言いました!

 

「黄色探しのお散歩に行きたい~」と・・・。

 

今日は、黄色探しのお散歩にお出掛けです。

 

 

 

 

季節がら「タンポポ」や「ちょうちょ」

 

 

き4

 

「黄色の旗」・・・

 

「菜の花」

 

 

 

き3

 

 

 

合計すると45個になっていました!!

 

帰って来て、さっそく45個の中から2つ決めますが

 

やはりなかなか決められませんでした。

 

でもその話合いの過程が大事。

 

ちょっと大人のフォローも入れながら・・・

 

結局「ちょうちょ」と「タンポポ」チームに決定!

 

 

 

き1

 

ステキなチーム名が決まりました。

 

2021.4.5
赤組(3歳児)

ずっとずっと「いちご」への興味が続いていて

 

いよいよ最終段階に突入しました。

 

皆で育てている園の「いちご」は白い花が咲き

 

小さな実らしきものがつきはじめました。

 

 

いちご1

 

 

子どもたちが「お腹いっぱいいちごを食べたいね」とか

 

「いちご狩り行ってきた。!」とか言い始めたタイミングを見て

 

「いちご狩りを決行することに!」

 

町のバスをお借りして「いちご園」へ・・・。

 

 

いちご3

 

一年かけて学んだ苺の知識は、バッチリ!です。

 

専門家のようなコメントも飛び出しました!

 

「ここにランナー(茎)ついてる。!」

 

「白から赤へ変わるよ。」学んだことが言葉になります。

 

 

「お腹いっぱい食べたいね。」の思いも叶って

 

一年間の「いちごプロジェクト」は、これにて一端終了です。

 

 

いちご2JPG

 

 

いちご4

 

 

いちご5

 

 

そして・・・・春へ

 

桜が満開

 

 

春3

 

もうすぐ黄組へ上がる子どもたち。

 

春を探しながらお散歩していると

 

 

春1

 

 

 

春4

 

お花の名前がわからない・・。と言う子に

 

「帰って図鑑で調べよう!」

 

「知ってる人の聞いてみよう。!」と

 

一年の学びで知りたい方法を見つけた子どもたち。

 

 

春5

 

 

 

春6

 

 

 

興味を持ったことが、楽しく学びに繋がっています。

 

 

春2

 

 

 

 

ページのトップへ戻る TOP