押原日記

2022.1.26
青組(5歳児)

一年間さまざまな活動を通して

 

 

「造形の力」を育ててきた子どもたち。

 

 

 

最初は自分だけの世界観で好きなものを作り

 

 

それで満足だった子どもたちも、

 

 

最近は「あそびに必要な物をお友達と協力して作る」

 

 

「イメージの実現のためアイデアを探す」など

 

 

時に大人が「どうやって作ったの?」と

 

 

感心させられるような物も作れるようになってきました。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

一生懸命ひと針ひと針縫ったり

 

 

 

 

1

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

実際の洋服を型紙にしてドレスを製作したり

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

5

 

 

 

 

遊びに必要な剣作り、マイホーム内覧会も始まり

 

 

「先生、これがクローゼット、こたつもありますよ。」と

 

 

リビングルームが出来ていたり・・・

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

匠の技が光っています☆

 

 

 

時には、残念な結果になることもたくさんありますが

 

 

「どこが違う?」

 

 

「どこが失敗?」

 

 

とみんなで考えて

 

 

「あ~~…。」

 

 

「わかった!」

 

 

「やってみる!」と答えを模索しています。

 

 

 

アイロンビーズは、子どもたちの大人気コーナーです。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

14

 

 

 

 

完成した作品はお父さん、お母さんへのプレゼント!と

 

 

大切に持ち帰る子もいます。

 

 

 

細かい作品から、えっ!運べない位大きな作品まで

 

 

「自分がしたい表現の実現」にいつの間にか

 

 

技術と知識が身についている子どもたちです。

 

 

 

この先まだまだ新製品開発が進み

 

 

どんなものが誕生するのか楽しみです!

 

2022.1.26
黄組(4歳児)

12月に魚の解体ショーを見た黄組さん。

 

 

ブリの出世魚「ワラサ」をさばいてもらいました。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

さばいたワラサは、あら汁・竜田揚げにしてお食事で頂き

 

 

いつも食べているさかなをお料理にするまでの

 

 

過程を知ることができた体験となりました。

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

園に帰って来てからもさかなへの興味が深まる様子が見られ

 

 

「今日のお魚はワラサと違う名前だね。」

 

 

「いろいろな種類のお魚があるね」と言っています。

 

 

大きさはどの位だったかな・・・?

 

 

「両手を広げたくらいだったよ!」

 

 

 

1

 

 

 

 

解体ショーの順番は?

 

 

「まずはうろこを取って~、次は頭を切る!」

 

 

今は、自分たちが見た物触れた物を思い出し

 

 

 

初めての経験が遊びの中に広がっています。

 

 

 

 

2

2022.1.18
白りす組(1歳児)

車がブームになっている子どもたち。

 

 

特に牛乳パックで手作りした車を所せましと

 

 

お部屋の中を走らせ楽しんでいます。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

床に道路を貼ったら、夢中になって道路の上を走らせます。

 

 

 

坂道も作ってみました。

 

 

すると、さっそく見つけて登って降りてを繰り返しやっていました。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

さらに進化をさせて、コンビニや交番なども貼っておくと

 

 

 

「コンビニ行ってきま~す!ぶーん」と

 

 

 

目的地を決めて走らせる姿も見られ驚きました。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

4

 

 

 

しばらくすると、Bブロックを組立て

 

 

よりリアルな車を作って道路の上を走らせていました。

 

 

 

 

5

 

 

 

車ブームはどんどん進化をしています。

 

 

 

 

2022.1.17
もも組(2歳児)

お散歩で沼公園へ行ったとき氷を発見!

 

 

「つめたい~い!」

 

 

「つるつるしてる!」

 

 

「お水みたい!」と

 

 

地面に張った氷を手にして盛り上がっていた子どもたち。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

「氷ってどうやってできるの?」と言う子どもの思いから

 

 

「じゃあ、氷を作ろうか!」と提案し

 

 

次の日園の一番寒い場所の日陰のピロティで実験をすることにしました。

 

 

容器にお水を入れてこぼれないように、そっ~と運び準備完了!

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

「氷できますように!」とお願いしている子どももいました。

 

 

さっそく次の日どきどきしながら見に行ってみると・・・・

 

 

残念ながらまだできてはいませんでした。

 

 

 

それから毎日見に行って・・・ついに!

 

 

「出来てた!」

 

 

「氷になってる!」と興奮した様子で大喜びの子どもたち・・・。

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

ほっと胸をなでおろした、冬の寒い日を温かくしてくれた出来事でした。

 

 

 

 

 

2022.1.12
赤組(3歳児)

12月保護者からの連絡ノートに「畑で霜柱を見つけました。」と報告があり。

 

 

さっそく、絵本を用いて子ども達に氷のお話をしました。

 

 

「し・も・ば・し・ら」という聞きなれない言葉に首を傾げ

 

 

絵本に載っていた写真を見ても反応が薄く

 

 

子ども達から質問もなくその日は終わりました。

 

 

年が明け寒い日が続いた先日、「もしかしたら畑に霜柱があるかも。」と思い、

 

 

朝の集会の時間に子ども達に、今日は畑に「霜柱を見つけに行こう。。」と誘いました。

 

 

しかし、言ったもののなかったらどうしよう・・・ドキドキしながら畑に到着。

 

 

「ん?・・」綺麗に耕された畑をよく見ると…。小さな穴をいくつか発見!

 

 

そこを手で掘ると土の裏側にびっしり霜柱が‼

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

「あったよー!霜柱!」との声にこども達が一斉に集まり

 

 

「ちょうだい!見せて!」と手を伸ばしてきました。

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

そっと手にのせてあげると「つめた~い!」と

 

 

絵本で見た霜柱はこれだったのか!と想像が現実の世界になった瞬間でした。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

冷たさを感じながらじーっと観察すると

 

 

「こおりになってる!」

 

「立ってる」など気づいたことが言葉になりました。

 

 

 

 

6

 

 

 

 

「踏んでごらん」と言うと、子どもたちが霜柱を踏んだ瞬間

 

 

「ばりん・・」小さく音が鳴りました。

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

「おお~!」というような表情で思ってもみなかったことに感動する子ども達。

 

 

「もっとやりたい」と霜柱の魅力にはまっていました。

 

 

「霜柱ってなんだろう」の疑問が解決出来た日でした。

ページのトップへ戻る TOP