押原日記

2018.9.12
青組(5歳児)

育てていた朝顔の花。枯らしてしまうのはもったいない!

 

「何か方法はないかなぁ~?」

 

「お花を摘んで色水作り?」

 

「葉っぱもできる?」思ったことは実験!

 

花は綺麗な紫色に、葉っぱは薄い緑色になりました!

 

できた色水は、コーヒーフィルターに付けて、朝顔のお製作に使います。

 

お花は枯れてしまったけど、ステキな薄紫色の枯れない朝顔に変身しました!

 

 

IMG_6454_resize

 

 

 

IMG_6478_resize

 

 

 

IMG_6508_resize

 

 

 

IMG_6517_resize

 

2018.9.12
行事

ひまわりの花が落ち、中心にびっしり種ができました。

 

「固い。」

 

「白っぽい。」

 

「ハムスターが食べるご飯だね!」と口々に感想を言い合う子どもたち。

 

5月中旬に種を植え、花が咲き、種になりました。

 

この種を、赤組さんにあげて、来年も咲かせてもらおう!ということになりました。

 

ひまわりプロジェクト完結です!

 

咲いていたひまわりをイメージしたお製作にも取り組み、自然の変化を感じ取り

 

自然への愛情をもつ、そんな学びができました。

 

IMG_0653_resize

 

 

 

IMG_0663_resize

 

 

 

IMG_0660_resize

 

 

 

IMG_0623_resize

 

2018.9.12
赤組(3歳児)

あつ~い夏。美味しいかき氷。

 

「かき氷って氷でできているんだって!」

 

子どもたちのこんな一言から、氷作りに挑戦しました!

 

でも、冬ではないので外で氷は作れません。

 

そこで!子どもから発案は無理かな?と

 

こちらから、冷蔵庫に入れてみたら?との提案で水を凍らせました。

 

水が凍ると『氷』になり、手で触ったり、日に当てると『水』にと

 

水と氷の変身を、子どもたちが発見しました。

 

お部屋では、氷を使ってカーリングに挑戦!

 

滑る氷を円の中に入れようと、大盛り上がりでした。

 

 

 

DSC08471_resize

 

 

 

DSC08505_resize

 

 

 

DSC08453_resize

 

 

 

DSC08509_resize

 

 

 

DSC08512_resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.9.12
もも組(2歳児)

「お米の赤ちゃんが大っきくなってる~!」

 

「お米の色が変わってる!」

 

「いい匂い!」

 

「色が違うよね~。」

 

時間の流れに気付く年齢ではありませんが、自然の変化を感じ取る瞬間です。

 

赤とんぼを見つけたり、コオロギも見つけたりと

 

お散歩で秋の訪れを感じている子どもたちでした。

 

 

 

CIMG3049_resize

 

 

 

 

CIMG3053_resize

 

 

とんぼが手にとまり目を丸くしたこどもたち!

 

 

 

CIMG3044_resize

 

 

 

 

2018.9.12
行事

「すご~い!」

 

「手にとんぼがとまったよ!」

 

「見て!見て!」

 

「そ~っと、そ~っと。」

 

なんて子どもたちの声が聞こえそうな状況にみんなが集まってきました。

 

手にとまった赤とんぼをじっと見つめ興味深々な秋の一コマ…。

 

 

りす9-1

 

 

 

リス9-2

 

 

 

リス9-3

 

 

 

りす9-4

 

 

その後、〝とんぼのめがね”を先生たちが唄ってくれたよ♪

 

ページのトップへ戻る TOP