押原日記

2022.9.1
青組(5歳児)

種から育ててきたポップコーン(イエローポップ)が

 

 

ついに収穫時期を迎えました‼

 

 

“葉っぱとひげが茶色くなったら収穫の合図”をずっと待っていた青組さん。

 

 

毎日の観察や水やりも責任もってやっていました。

 

 

トウモロコシのヤングコーンの収穫体験も経験していたので

 

 

収穫方法はお手のもの!

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

イエローポップは

 

 

「粒が小さくて堅い!」

 

 

「粒が子どもの歯みたい」

 

 

「オレンジ色っぽい」と

 

 

トウモロコシとの違いに気づいて教えてくれました。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

皮をむいてお部屋の前に吊るしておくと

 

 

青組以外の子どもたちが眺めて通り過ぎます。

 

 

 

1

 

 

 

 

 

これから一か月程乾燥させて・・・。

 

 

いよいよポップコーンが食べられます。

 

 

みんなでその日を楽しみに待っています。

 

 

 

6

2022.6.14
青組(5歳児)

映画館ごっこがブームになり

 

「ポップコーンいかがですか?」と

 

映画館さながらの遊びに発展。

 

 

 

1

 

 

 

本物の「ポップコーン食べたいね!」

 

「「作れる?」に繋がり

 

種からポップコーン作りをスタートさせました。

 

まずは調べることから始め

 

「イエローポップ」という種類の種を

 

苗屋さんに買いに行き畑に蒔きました。

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

水やりをしながら観察していると

 

少しずつ大きくなってきたことに

 

嬉しさとさらに興味が湧いたようです。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

6

 

 

 

 

収穫まではまだまだですが

 

1日1日成長を楽しみに継続していきたいと思います。

 

 

 

5

2022.1.26
青組(5歳児)

一年間さまざまな活動を通して

 

 

「造形の力」を育ててきた子どもたち。

 

 

 

最初は自分だけの世界観で好きなものを作り

 

 

それで満足だった子どもたちも、

 

 

最近は「あそびに必要な物をお友達と協力して作る」

 

 

「イメージの実現のためアイデアを探す」など

 

 

時に大人が「どうやって作ったの?」と

 

 

感心させられるような物も作れるようになってきました。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

一生懸命ひと針ひと針縫ったり

 

 

 

 

1

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

実際の洋服を型紙にしてドレスを製作したり

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

5

 

 

 

 

遊びに必要な剣作り、マイホーム内覧会も始まり

 

 

「先生、これがクローゼット、こたつもありますよ。」と

 

 

リビングルームが出来ていたり・・・

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

匠の技が光っています☆

 

 

 

時には、残念な結果になることもたくさんありますが

 

 

「どこが違う?」

 

 

「どこが失敗?」

 

 

とみんなで考えて

 

 

「あ~~…。」

 

 

「わかった!」

 

 

「やってみる!」と答えを模索しています。

 

 

 

アイロンビーズは、子どもたちの大人気コーナーです。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

14

 

 

 

 

完成した作品はお父さん、お母さんへのプレゼント!と

 

 

大切に持ち帰る子もいます。

 

 

 

細かい作品から、えっ!運べない位大きな作品まで

 

 

「自分がしたい表現の実現」にいつの間にか

 

 

技術と知識が身についている子どもたちです。

 

 

 

この先まだまだ新製品開発が進み

 

 

どんなものが誕生するのか楽しみです!

 

2021.12.16
青組(5歳児)

運動会が終わってしばらくすると…

 

 

数人の子どもがお友達に手紙を書き始めやり取りが始まりました。

 

 

始めは4・5人の仲間で始めた「お手紙ごっこ」が

 

 

いつの間にか「郵便屋さんごっこ」らしきものになってきました。

 

 

そこで、子ども達と相談してそれに必要なグッズ作りやルール作りをすることになりました。

 

 

「ポスト」「切手」「スタンプ」「配達員は誰がする?」など・・・。

 

 

そして、郵便屋さんごっこになる一連の社会の仕組みを本などで学び

 

 

「郵便屋さんごっこ」が再スタートしました。ポストの中ははがきがいっぱい!

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

配達係は、大忙しです。

 

 

 

4

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

それから少し経つと「郵便屋さんごっこ」熱が下がってきました。

 

 

配達係は急に暇になっていきました。

 

 

そんなところに「お家で年賀状を書いたよ!」と言う子がいたので

 

 

「年賀状作ろう!」と提案すると「やりたい!」と全員での年賀状作りがスタートしました。

 

 

出来上がった「年賀はがき」は、もちろん実際に郵便局へ投函に。

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

8

 

 

 

 

郵便局に依頼をしたところ快くお受けして頂き、見学ができることになりました。

 

 

 

 

9

 

 

 

 

子ども達は、仮想ごっこで学んだことが実際はどうなのか?楽しみでしょうがありません。

 

 

当日は、郵便がどのよう集まりどうやって各家庭に届けられるのか。

 

 

窓口でのお仕事の様子なども実際に見学させて頂き納得したようでした。

 

 

中には、「僕、郵便屋さんになる!」と将来の目標を方向転換した子も。

 

 

 

 

5

 

 

 

 

配達のバイクを見送りながら「いってらっしゃい!気を付けてね!」

 

 

子どもたちの素直な心の声が大きく響いているなか

 

 

配達係のバイクが何十台も町の中に溶け込んでいきました。。

2021.12.7
青組(5歳児)

園舎の隅に「かりん」の木があります。

 

 

 

 

 

10

 

 

 

その近くに落ちている花梨を見つけてきた子ども達。

 

 

「先生~カリンが落ちてたよ。」

 

 

「いい匂いする!」

 

 

「カリンって食べられるのかな?」と子どもたちの声が聞こえてきます。

 

 

「じゃあ、食べられるか調べてみよう!」から始まり数日待ってみることにしました。

 

 

「かりん」について自ら調べてきて

 

 

「はちみつ漬けがいいんだよ!」

 

 

「シロップでもいいってあったよ!」と

 

 

お友達同士で情報交換をする姿も見られました。

 

 

 

そんな中「すぐに食べられるのがいい」という意見が出ると

 

 

「そうだね。はちみつに漬けてもすぐにはたべられないよね・・・」と思いが変わっていきました。

 

 

 

「じゃあ、ジュースならすぐに飲めるよね!」と

 

 

調べてきた中にジュースがあることを発見!!

 

 

そんなこんなでジュース作りに決定しました。

 

 

 

『11月30日 花梨ジュース作りの日』

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

花梨を半分に・・・「え?硬すぎる!」と

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

なかなか子どもの力では切れないので保育者と一緒に切ることに。

 

 

切った「かりん」を鍋に入れて20分程煮込みました。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

「どうなったかな?」気になってしょうがありません。

 

 

 

 

4

 

 

 

「あれ?水が少なくなってるね。」と不思議発見もありました。

 

 

 

ジュースにする工程を全てやりきったこどもたち。

 

 

 

5

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

「かりん」ジュースの完成です‼

 

 

「いただきま~す!」

 

 

 

 

9

 

 

 

 

「甘くておいしいね」

 

 

「すっぱ~い」など感想は様々でしたが

 

 

子ども達は「かりん」でジュースが作れたことに大満足でした♪

ページのトップへ戻る TOP