押原日記

2021.7.1
白りす組(1歳児)

春が終わり、梅雨が始まると

 

見られる生き物も少しずつ変わってきたため

 

みんなで生き物探しに行きました。

 

 

お散歩に行ってみると…

 

田んぼにはオタマジャクシやアメンボ

 

タニシにドジョウまでいて

 

子どもたちも夢中になって観察していました。

 

 

りす1

 

 

 

りす2

 

 

 

 

りす3

 

 

保育者がカエルを手に取り近くで見せると

 

怖がって距離を置きながらも興味を持つ子

 

恐る恐る手を伸ばして触ってみる子など

 

様々な反応が見られました。

 

 

 

 

りす4

 

 

 

梅雨が明けると見られる生き物も変わってくるため

 

引き続き子ども達と一緒に生き物を探し触れていけたらと思います。

 

 

2021.6.4
白りす組(1歳児)

お部屋で「ちょうちょ」のお製作をしました。

 

 

4月から沢山お散歩に行って

 

 

「ちょうちょ」が飛んでいるところもたくさん見ました。

 

 

今日は、その「ちょうちょ」を見本で見ながら

 

 

スポンジを丸めて作った「タンポ」でスタンプ遊をしました。

 

 

一人で上手に握りしめてポンポンとスタンプする子と

 

 

 

りす4

 

 

先生がちょって手を添えて一緒にポンポンする子と

 

 

 

りす3

 

 

 

色を載せていく過程に興味津々で取り組んでいました。

 

 

 

りす2

 

 

 

りす1

 

 

みんな真剣な表情ですね☺

2021.4.27
白りす組(1歳児)

今日は、沼公園に「絵カード」を持って

 

お花探しのお散歩に行きました。

 

 

りす2

 

 

 

りす3

 

 

沼公園に着くと色々なお花を摘んで

 

「絵カード」の絵を見ながら同じお花を見つけた子がいました。

 

 

りす1

 

 

 

りす4

 

 

「同じお花を見つけることが出来るなんてすごい!」

 

個性と興味が少しずつ芽生えてきました。

 

見つけたお花を持ち帰って花瓶に飾りました。

 

今日は、楽しいお花探しになりました。

 

2021.3.30
白りす組(1歳児)

今日は、進級するクラスのお友達

 

桃組のお姉さんお兄さんと遊びました。

 

 

 

りす2

 

 

 

まだ、ゲーム遊びにはならないりす組さんですが

 

取られないように逃げ回ることはできました。

 

 

 

りす1

 

 

 

りす3

 

 

しっぽを取るのは、桃組さんにお任せして

 

りす組さんは「逃げる専門」で楽しく遊びました。

 

 

 

りす4

 

 

 

 

りす5

 

 

桃組まであと少し楽しみにしている子どもたちです。

 

2021.3.12
白りす組(1歳児)

今日は、片栗粉のスライムで感触遊び。

 

 

りす1

 

 

 

りす2

 

 

 

片栗粉が入ったボールに手を入れて

 

何とも不思議な感触を嬉しそうに手で触る子どもたち。

 

 

 

りす3

 

 

 

 

その感触が心地良いのかしばらく手がはなれません。

 

 

次に、水を流していくと…

 

また感触の違いを感じた子どもたちは

 

「キャー、先生見て!」と

 

手についたネバネバを楽しんで大騒ぎ!

 

 

 

りす4

 

 

「もっと」「もっと」と何度も何度も手で触りながら

 

なかなかやめられずに、しばらく続きました。

 

 

りす5

 

 

 

 

りす7

 

 

最後は、手についたスライムで

 

ペタペタスタンプ遊びに発展しました。

 

 

りす6

 

ページのトップへ戻る TOP